適性検査模試の成績①

適性検査模試の成績① 中学受験
6月、初めての英検と適性検査模試を受けました。

まず、英検5級は難なく合格‼
だから、4級と同時受験でいいんじゃないの?って言ったんだけど。5級では、内申書に書いてもらっても意味をなさないものと思われます(爆)

そして適性検査模試は、㈱学隆社というところの、主に岡山県内の受験生を対象とした模試です。
6年生では1回目が4月頃実施されましたが、今年に入って塾通いを始めたちびマルには、まだハードルが高いであろうと判断し、見送りました。
よってちびマルが受験できるのは、全4回のうち、3回。

その結果が、先日返却されました。
適性Ⅰ、Ⅱともに100点満点の総合200点。難易度・偏差値等も本番相当ということです。

「さっさと結果言えよっ」
「言いたくないんでしょーよ、お察しします」

はい、言いたくないデス。
この猛暑なのにね、スーッと汗が引いたね。

5段階中、総合評価「2」

恐ろしい偏差値・・・

偏差値は、もちのろんの、40代半ば。
この結果をどうとるべきか。。。

塾の先生から、だいたいみんな、初回は評価「1」をとって、撃沈するんだと聞いていた。
だから少し、心の準備はできていたのだけれど。

じゃあ、「2」なんだからそんな落ち込まなくても・・・
なーんて自分を励ましたいところだけれど、うちは初回は見送ったのだ。

「2」= 4教科の復習と作文の基本的な練習が必要です

ってさ。6年生の夏。勝負の夏。
今、この時点での「2」という評価は、決して楽観視できるものではない。

中でも、適性Ⅰ(岡山では理系)の得点がすこぶる悪い。Ⅱ(岡山では文系)は、先生によれば、少し手直しすればグッと点数アップが狙えたようだけど。
ちびマルは、典型的な文系人間なんだろう。当たり前か、両親とも数学が苦手、物理なんてさっぱりピーマンだったはずだから。

挫折に弱いちびマルのことだから、もうやーめた!!となるかもしれない。
さぁ、どうする??

ちびマル大丈夫?

心配でちびマルの様子を伺うマル子だったが、意外にも、塾の先生から、
「次に向けてやる気になってます」
との報告をいただいた。

どうやら、
「1」じゃなかったから、結構イケるんじゃね??
と自己分析している模様。。

普段、無駄にポジティブなちびマルであるが、今回ばかりは

ポジティブばんざい!!!
ポジティブにかんぱーい!!!

総得点分布図では、この大撃沈の点数でも、最も人数が多い層の中にいた。
つまり、ここを抜け出せるかどうかが次の目標。

合格圏内に入るなんてーのは、今はまだ雲の上の話だ。
受検まで、もう半年を切ってしまったが大丈夫だろうか・・・

この結果を受けて、塾の先生のビジョンはどうなってんだろ。
夏休みの作文も、起承転結すら理解できてないようで、苦戦してますけど。

先日の志望校での学校体験で、ちびマルたちが質問をさせてもらった先輩の一人は、ほぼ塾なしの家勉合格者だった。作文から面接まで、お父さんと手探りの受検対策だったそうだ。
我が家も自宅でできる対策を、再度練り直しする必要があるかもしれない。

中学受験
スポンサーリンク
maruをフォローする
お金をかけない公立中高一貫受験マニュアル~最安で合格するぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました